文化財インフォメーション

【風土記の丘資料館】企画展『下野市内の遺跡1 旧石器・縄文・弥生時代』を開催します

しもつけ風土記の丘資料館では、令和4年度企画展『下野市内の遺跡1 旧石器・縄文・弥生時代』を開催します。

下野市は現代においても利便性が高く住みやすい土地であり、1万数千年前から人々の暮らした痕跡(遺跡)が多く残されています。
中でも、自治医科大学の南に位置する祇園・緑・医大前・烏ヶ森の地区は、宅地造成工事に先立ち17遺跡が発掘調査され、旧石器時代から明治時代に至るまでの遺跡が複数確認され、多くの遺物が出土しました。
今回の展示では、これらの遺跡と共に、これまで市内で発掘調査が実施された遺跡の中から、旧石器・縄文・弥生時代についてご紹介します。
 
期間
 令和4年7月16日(土曜日)~9月4日(日曜日)
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※休館日・・・月曜日、第3火曜日(7月18日は開館)、祝日の翌日

場所
 下野市立しもつけ風土記の丘資料館
 本館ロビー
 ※会場が「シアター室」から「ロビー」に変更となりました

関連行事
◆記念講演会「栃木県の弥生時代下野市内の遺跡を中心に」
  日時:8月7日(日曜日)午後1時30分から3時30分
  講師:藤田典夫氏 (公財)とちぎ未来づくり財団埋蔵文化財センター副所長
  定員:30名
  会場:しもつけ風土記の丘資料館新館講堂
 
◆関連講座「縄文土器づくり」
  日時:8月24日(水曜日)午後1時30分から3時
  講師:(公財)とちぎ未来づくり財団埋蔵文化財センター職員
  定員:15名
  対象年齢:小学生以上
  参加費:300円
  会場:しもつけ風土記の丘資料館新館講堂
 
いずれも事前予約が必要です。7月8日(金曜日)午前9時から電話または、直接資料館受付カウンターで承ります。

 
お問合せ
下野市立しもつけ風土記の丘資料館
住所 栃木県下野市国分寺993
☎ 0285-44-5049
E-mail: fudokinooka@city.shimotsuke.lg.jp
・・・休館日・・・ 
毎週月曜日(休日の場合はその翌日)
第3火曜日(休日の場合除く)
休日の翌日(土・日・休日の場合除く)

  • 一覧に戻る
  • トップページに戻る